英中銀行の政策金利の概要は?為替相場への影響と対策方法も解説

為替相場に影響を与える、経済指標は複数の種類があり、英中銀行の政策金利もその一つです。

経済指標は、為替相場を動かす大きな要因の1つなので、その対策や特性を知らなければ、大きな損失に繋がるきっかけになってしまうでしょう。

そこで今回の記事では、経済指標の一つである「英中銀行の政策金利が為替相場に与える影響」や、「具体的なトレードの対策方法」を詳しく紹介していきます。

  • 英中銀行の政策金利とはどんな物なのか?
  • 為替相場ではどのような対処をすればよいのか?

などを知ることが出来ます!

 

過去の為替相場のデータを基に、どのような影響があるのか、分かりやすく解説していくので是非最後までご覧ください。

英中銀行の政策金利の概要と為替への影響

経済指標の1つである、英中銀行の政策金利とは、中央銀行が行う金利政策のことです。

金利をコントロールすることで、金融面で経済をコントロールするために行っています。

景気がが良いと、金利を上げ景気を冷まし、景気が悪い場合は金利を上げて景気の失速を防ぐ働きがあるのです。

経済をコントロールするために、各国の中央銀行が決められるブレーキのような役割と言えるでしょう。

英中銀行の政策金利は、毎年行われていますが、必ずしも金利が変わるわけではありません。

最近を行われた、2019年の政策金利は、金利の変換が無く、ポンド円は一時横ばい状態となりました。

景気のコントロールに影響を与えるだけあって、英中銀行の政策金利は為替相場にも大きな影響がるのです。

では実際にどのような影響が為替相場にあるのでしょうか?政策金利で金利が上がった場合と、下がった場合それぞれの為替相場への影響を見ていきましょう。

 政策金利で金利が上がった場合の影響

一般的に、 政策金利で金利が上がると、通貨の価値も上がる傾向があります。

金利が高い場合は、景気が良く消費も増えるので、株式や通貨の価値が上がりやすく、その結果的として金利の高い通貨の価格も向上するのです。

日本でもバブル経済などの時は、高金利で消費も激しく、日本円の価値も高騰していました。

バブル経済とは

バブル経済とは、高度経済成長期ともいい、1986年~1991年頃までの日本のことを言います。

戦後の日本が発展したことにより、多くの物や土地そして証券そして日本円の価値が上がりました。

過去の経済のデータから分かるように、金利が高いと、国の経済は良い傾向が多く、通貨の価格が上昇する傾向が多いのです。

実際に英中銀行の政策金利で金利が変更されると、金利の増減に比例してポンド円の価格も変化してきました。

引用元:https://www.sbisec.co.jp/ETGate

上記の画像で分かるように、金利の変動に合わせるように、ポンド円も変わっているのがわかります。

英中銀行の政策金利によって、金利が高くなるとポンド円も価格が高騰しやすいのです。

ただし、注意点としては、金利が上がると必ず、通貨の価格も上昇するわけではありません

2018年の8月に、発表された英中銀行の政策金利では、金利が0.5%から0.75%に上昇したものの、ポンド円の価値は発表から2週間で、146.7円から139.9円へと、大きな下落を見せました。

下落の理由は、金利が高くなってはいたものの、イギリスのEU離脱問題などが重なっていた事もあり、ポンド円に対して不安が集まっていたためです。

EU離脱問題とは

イギリスがEU(ヨーロッパ連合)を離脱することを、表明した世界的な出来事。

今までに無い大きな決断のため、イギリスに関わる為替や株式などの価格に大きな悪影響を与えました。

一般的には、金利が高ければ、通貨の値段も高騰するので買い注文が有利ですが、EU離脱などの先行きが不安になる他の要因によって、下落に転じることもあるので注意しましょう。

 政策金利で金利が下がった場合の影響

政策金利で金利が下がると、通貨の価値も下落する傾向があります。

下記の画像で分かるように、金利が低いと、その通貨の値段も下がっています。

ただし、2008年はリーマンショックと重なっていたこともあるので、明確に政策金利とポンド円に因果関係があったとは断定できません。

スワップポインという言葉を聞いたことはありませんか?スワップポインは、為替相場で利益を上げる方法の1つで、金利の差額で設ける物です。

スワップポイントとは

通貨ごとの、金利差で儲けを出せるFXの制度の1つ。

金利1%の通貨で、金利10%を買えば、その分が利益になります。

金利が低いと、スワップポインでの利益が減るので、通貨を手放す人が増えて、価格も下がるのです。

過去に日本でも、ゼロ金利政策などを促して、消費をコントロールしようとした際に、円の金利が下がり、その結果として為替相場での円の価値は大きく激減しました。

では実際に為替取引などで、政策金利の対策はどのように行えば良いのでしょうか。

損失を減らす詳しいリスク軽減の方法と、対策を次に詳しくご紹介していきます。

為替相場で使える英中銀行の政策金利対策

為替相場で使える英中銀行の政策金利対策を紹介していきます。

 政策金利に対する対策をすることで、損失を抑えやすくなるので、ぜひ知識を付けておきましょう。

 今回ご紹介する、詳しい対策方法は下記の通りです。

  • 政策金利発表前後に取引するときは逆指値注文(ロスカット)設定を行う
  • 政策金利発表前後は取引をしない

それぞれ、詳しくご紹介していきます。

政策金利発表前後に取引するときは逆指値注文(ロスカット)設定を行う

 逆指値注文をしておくことで、政策金利発表前後の為替の大きな変動による損失を軽減することができます。

指値注文とは

為替相場の通過が、設定した値段に到達すると自動で注文が入る注文方法のこと。

1ドル100円の時に105円で売りの指値注文をすると、1ドル105円になった際に自動で売り注文をしてくれます。

逆指値注文とは

注文している方向とは、逆方向のポジションを事前に注文しておく方法。

1ドル100円で買い注文をした状態で、1ドル99円に逆指値を入れると、99円に価格が下がってしまった場合に設定通りポジションを売り払ってくれます。

損失の上限を設定する意味合いで利用されます。

 

設定した通貨の価値になると、注文が入るので、元々の予想と逆方向にすすんでも、逆指値注文で損失を抑制できる可能性が高いのです。

まずは、どれだけ安全に損を小さくするかを考えて、逆指値注文により損失の上限を設定しておくことが大切です。

政策金利発表前後は取引をしない

英中銀行に限らず、政策金利発表直後は為替相場に大きな変動が生じることが多いです。

特に、政策金利が据え置き出なかった場合は、為替が大きく上下することもあります。

そのような為替相場において、そもそも取引をしないということも重要な戦略となります。

為替相場が大きく動くときは、大きな利益を取れる可能性があるので、どうしても取引をしたくなりますが、その分損失のリスクも高くなります。

FXにおいては、「儲けよう」というマインドよりも、「資金を守る」というマインドがFXで長生きするコツです。

わざわざ相場が荒れているときに、取引をするのは自殺行為ともいえますので、取引を我慢するのも重要な戦略といえるのです。

まとめ 

今回の記事では、英中銀行の政策金利に関する説明と対策方法を紹介しました。

記事で紹介した内容をまとめると以下の通りです。

  • 英中銀行の政策金利は、経済をコントロールするためのもの
  • 金利が高いと通貨の価値はあがりやすい
  • 金利が低いと通貨の価値は下がりやすい
  • 政策金利による損失を抑えるには、逆指値注文が有効
  • 政策金利発表前後は取引をしない

英中銀行の政策金利は大きな、指標の1つなので為替相場に大きな影響を与えます。

一方で対策をしっかり組めば、大きな損失を避けることができるので、ぜひ今回の記事を参考に為替相場での取引にお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です